有限会社ユニオン技研
UNIONGIKEN Y.K.
トップページ はんだ付けの
ページ
はんだ付けプロ
フェッショナルのページ
ショッピング
&資料請求

ステレオ&オーディオ
電子機器
設計開発
会社概要 English
Page
トップページ<ユニオン技研の電子機器設計開発事業

ユニオン技研の電子機器設計開発事業


 当社の業務内容はリングハンダやオーディオ関連製品だけでは有りません。(会社概要参照)
当社は元々、電子機器(回路)の設計・開発を目的として創業し、リングハンダ等もそれら電子機器の一環として、開発をスタートしたものです。
 
 本ページでは、当社の主たる業務である、電子機器の設計開発についてご説明したいと思います。

 当社は1990年2月に法人「有限会社 ユニオン技研」として設立いたしましたが、以前から(1982年から)個人企業として、靴下用丸編機の制御装置や、印刷機のインク量制御装置などの設計開発を行っておりました。
 1989年頃からは、巻線機(コイルを巻く機械)の制御装置の設計開発を手掛け、以後当社の主力製品となっています。


 ユニオン技研の制御装置
 制御装置の心臓部であるコントローラーには、大きく分けて、シーケンサーを使用するタイプと、CPUチップやメモリーなどを組み合わせた、CPUボードを使用するタイプの2種類が有ります。
当社の制御装置は、主に当社オリジナルのCPUボードを使用するタイプでありますが、勿論、シーケンサーを使用しての設計開発も行なっております。
シーケンサーは、少量多品種の制御装置のコントローラーに最適で、簡単な仕様変更(ハード的な変更を伴わない、例えば制御の順番を入れ替える等)では、ユーザーサイドでも変更が可能である、などの優れた特徴を持っています。
 一方CPUボードをコントローラーに使用したものは、同じ制御装置を複数台生産する場合では、シーケンサーを使用するよりも安価で、しかも装置自体をコンパクトにする事が可能になります。
 また、NC(数値演算)制御が得意ですので、例えば巻線機のように、主軸に取り付けたエンコーダーのパルスを、カウント、演算し他の軸をパルスモーター又は、サーボモーターで、主軸に対して完全同期しながら、しかも高速で動かす(主軸の回転数が3000RPM以上)など、シーケンサーでは多少荷が重い制御等には、CPUボードを使用したコントローラーの方が、結果として全体のコストを低減させる事が出来ます。

 当社はこれまで、CPUボードをはじめ、I/Oボード、パルスモータードライバーボードなど、各種ボードを40種類以上開発してきました。
 以下に、これらの各種ボードの内、主要なものを幾つかご紹介したいと思います。

 CPUボード (UTL-128C)
 TMPZ84C015(東芝)というCPUを使用したボードで、巻線機を中心に、累計600台以上の採用実績が有る、当社のベストセラーです。
 簡単にスペックを紹介します。

○採用CPU
 TMPZ84C015をクロック8MHzで使用しています。

○登載メモリー
 内臓メモリーは、ROM32Kバイト、RAM32Kバイト.RAMはバッテリーでバックアップされています。バックアップ用電池は、10年以上交換不要です。

○サーボモーターインターフェイス
 ディジタル制御ACサーボモータードライバーと、直接接続可能なインターフェイスを備えていますので、NCユニットは不要になります。
適用モーター 三菱電機(株)社“MELSERVO”シリーズ、松下電器産業(株)社“MINAS”シリーズ等

○サーボモーターと完全同期するパルスモーターインターフェイス
 パルスモータードライバーは、当社UTL−121A(後述)が最適です。
サーボモーターを接続する事も可能。

○メンブレンパネルインターフェイス
 データー表示等に最適な、VFD(蛍光表示管ディスプレイモジュール)用インターフェイス(LCDディスプレイも可能)と、8×8スイッチマトリックスインターフェイス、及び16点のLED用出力を備えています。

○入力8BIT、出力7BITのI/O
 各種センサー用入力ポート3BIT、スイッチ用入力ポート5BITと、LED表示灯用出力ポート4BIT、多目的用出力ポート(オープンコレクター出力)3BITを備えています。

○16BIT、UP/DOWNカウンター(プリセット、コンパレーター付)
 サーボモータードライバーから出力される、エンコーダーパルスを任意のプリセット値で、カウント、演算しパルスモーター出力として使用する16BIT UP/DOWNカウンターです。

○32BITカウンター (2CH)
 サーボモーターのエンコーダーとは別に、ロータリーエンコーダー用の32BITカウンターをエンコーダーの正転用と、逆転用それぞれ1CHずつ備えています。

○RS232Cインターフェイス
 1CH(ボーレイト2.4K〜19.6K)

○その他
 その他拡張インターフェイスを備えていますので、後述するI/Oボードや、GP−IBボードを接続し、システムを拡張する事が出来ます。

 I/Oボード UTL−129
 UTL−128Cと接続し、エアーシリンダーや、リレーなどを動作させ、センサーや、スイッチなどの信号をCPUに取り込む、I/Oインターフェイスボードです。
UTL−129は、DIPスイッチでアドレスを設定できますので、UTL−128Cと組み合わせた場合、最大7枚まで接続する事が出来ます。
 以下は、UTL−129のスペックです。

○エアーバルブ用出力 16点、エアーシリンダー用センサー入力 32点
 エアーシリンダー等を使用する場合、本ボード1枚当たり、16本のエアーシリンダーを動作させる事が出来ます。

○スイッチ入力 16点
 エアーシリンダーを、手動で動作させると、調整などの時には大変便利です。
UTL−129は、手動操作用に16点のスイッチ入力を備えています。
シリンダー手動操作の必要が無ければ、多目的な入力ポートとして使用できます。

○多目的入出力
 その他、スイッチ、センサー入力ポートが8点、リレー等の出力ポートを8点備えています。


 シリンダー手動スイッチボード UTL−119

 FA機器では、調整などのために、エアーシリンダーのストロークを、変更することが頻繁にあります。
また、シリンダーには、動作確認のためのセンサーを装着する事が殆んどですが、シリンダーの取り付け位置によっては、パイロットランプが見えないことも有ります。
 UTL−119は、この見え難い、センサーのパイロットランプの替わりに、機器の操作パネル上で、動作確認が出来るよう、センサー信号をLEDで表示させるようにしたものです。
 併せて、各シリンダーを手動でON/OFFさせるためのスイッチを設け、8本分のシリンダーを1枚の基板にセットした、エアーシリンダー動作確認/手動スイッチボードです。

 中継ボード UTL−130 UTL−131

 UTL−130は、UTL−129とUTL−119を、組み合わせて使用するために設計した中継ボードです。
UTL−129に対しUTL−119を2枚までを、フラットケーブルコネクターを使用してワンタッチで接続することが出来ます。
 また、UTL−131は、UTL−128Cとサーボモータードライバー及び、メンブレンパネル間を、同様に接続する中継ボードです。

 パルスモータードライバー UTL−121A
 UTL−121Aは、2相ユニポーラ型のパルスモータードライバーです。フルステップ(2相駆動)、ハーフステップ(1−2相駆動)の選択が可能です。

○UTL−121A−1.5(相電流1.5Aまで)
 適合モーター PK243〜PK245,PK264〜8−01(オリエンタルモーター社)等

○UTL−121A−3(相電流3Aまで)
 適合モーター PK264〜8−02〜03,PK296〜299−02〜03(オリエンタルモーター社)等

 以上2機種をご用意しておりますので、2相ユニポーラのモーターでしたら殆んどのモーターを駆動させることができます。(バイポーラ型及び、5相モーターには適合しません)

 GP−IBボード UTL−124

 GPIB(HPIBとも称す)は、RS−232Cや、USBなどのシリアル通信とは異なる、8BITのパラレル通信網の事です。
 元々は、計測器のコマンドやデーター通信のために開発されたものですが、それだけに信頼性が高く、通信速度が速いのが特徴です。
最近では、光ケーブルを使用するRS−232Cや、LANなどのシリアル通信の速度が上昇した事と、プロトコルに制約が有り、若干ハード面のコストが掛かるので、余り利用されなくなったようですが、FA機器の制御用には最適な通信方法だと思います。
 当社は、このGPIBを使用してかなり大きな規模の製造ラインを、構築した実績が有り、今後もシステム機などのコントローラー間の通信手段として、本ボードを使用することも選択肢のひとつと考えております。

 制御BOX 「UWMシリーズ」
 これまで、現在当社で生産している主なボードをご紹介してきましたが、当社ではこれらの、CPUボード、I/Oボード、パルスモータードライバー、中継ボード等と、電源ユニットや、リレー等を組み合わせた、制御BOX「UWMシリーズ」も生産しております。


 写真はその一例ですが、寸法 390(W)×360(H)×160(D)(突起物は含まず) 重量約10Kg と大変コンパクトになっております。
 現在「UWMシリーズ」は、巻線機の制御装置に使用されることが多いですが、お客様の仕様に合せて、設計いたしますので、巻線機以外のFA機器等にも応用可能です。


 また、ハードウェアばかりでなく、ソフトウェアのみの開発も行っておりますので、お問い合わせ頂ければ、仕様等をお伺いの上お見積もり致します。
 更に上記以外の、小型卓上機の組み込み用基板等も多数開発しておりますので、コントローラーに限らず電子応用機器でお困りの時は、お気軽にお問い合わせください。



お問合せ等が御座いましたら、こちらのフォーム又はお電話等でお申し付けください。
有限会社ユニオン技研