有限会社ユニオン技研
UNIONGIKEN Y.K.
トップページ はんだ付けの
ページ
はんだ付けのプロ
フェッショナルのページ
ショッピング
&資料請求

ステレオ&オーディオ
電子機器
設計開発
会社概要 English
Page
トップページ<はんだ付けのページ 1

   はんだ付けのページ(その1)

  
 はんだ・・・。

はんだ

  
 はんだは紀元前3500年頃の青銅器時代から伝わる、金属同士の接合手段です。スズと鉛の合金材を溶
 かし、金属同士を接合する接合剤として長い間利用されてきました。
 この古いが故に、既に完成された技術と思われていたはんだ付けも、近年になって新しいトレンドが現れてき
 ました。

 鉛フリーハンダです。
 
 近年、環境問題から鉛を使用しない「無鉛ハンダ(鉛フリーハンダ)」が開発され、今ではハンダの主流となり
 つつあります。
 そもそもハンダとは錫と鉛の合金材の事を言い、鉛の入っていないハンダを「ハンダ」と称して良いものか多
 少の疑問もありますが、まあそれはさて置き話を進めたいと思います。
  

オーディオやアマチュア無線、その他の電子工作を始めようと思われている方、または既に行っておられる
 クラフトマンにとって、大きな障害と成っているのがはんだ付けではないでしょうか。
 一般的にはんだ付けは難しいと思われていますが、少し練習して多少のコツさえ掴めば、決して難しい作業
 という事ではなく、むしろ楽しくはんだ付けすることが出来ます。

そこで本ページでは、ハンダ及びはんだ付けについて解説し、いまや主流となりました「無鉛ハンダ」をはじめ
 当社で推奨しております、新しいスタイルのはんだ「リングハンダ」、についても詳しく解説したいと思いいます。




次のページへ


はんだ付けのページ (番号クリックで各ページへ移動します)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

有限会社ユニオン技研