有限会社ユニオン技研
UNIONGIKEN Y.K.
トップページ はんだ付けの
ページ
はんだ付けのプロ
フェッショナルのページ
ショッピング
&資料請求

ステレオ&オーディオ
電子機器
設計開発
会社概要 English
Page
トップページ<はんだ付けのページ 12

   はんだ付けのページ(その12)

  6、リード線のはんだ付け(前ページからの続き)

 
   しかし、(写真10-3)のようにリード線を同じ方向に向ける方法は、はんだ付けし易いですがはんだ
 付けした部分が太くなり、絶縁テープなどで絶縁するとその部分が団子状に太ってしまいます。

写真10-3

  また、リード線を付き合わせる方法は(写真10-2)、はんだ付けがとてもやり難くプロでも余りや
 りたがらない方法です。(はんだ付けをあきらめ、圧着スリーブを使用することも有ります。)

  このような場合は、是非リングハンダを試して頂きたいと思います。

  2本のリード線の被覆を剥き、芯線を捩った後リード線の径より少し大きめのリングハンダを2〜3
 個、一方のリード線に通して(絶縁チューブなども先に通しておく)芯線同士を突き合わせて充分に
 捩ります。(2〜3巻以上)そして芯線の余分な部分をカットし、通してあったリングハンダを捩った芯
 線上に移し(写真11-1)

写真11-1
 




前ページへ 次ページへ
 




はんだ付けのページ (番号クリックで各ページへ移動します)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

有限会社ユニオン技研