有限会社ユニオン技研
UNIONGIKEN Y.K.
トップページ はんだ付けの
ページ
はんだ付けのプロ
フェッショナルのページ
ショッピング
&資料請求

ステレオ&オーディオ
電子機器
設計開発
会社概要 English
Page
トップページ<ステレオ&オーディオ<ノイズカットトランス 「UTT−101」

   
   ○ ノイズカット絶縁トランス  



  ○ オーディオ用、AC電源ノイズカット絶縁トランス「UTT−101」



 オーディオとは、本当に素晴らしい趣味ではないかと思っています。その魅力にハマってしまい、いろいろとオーディオ
遍歴を重ねてきたマニアの究極は、オールホーンのスピーカーとマイ電柱ではないでしょうか。

 オーディオにとって最大の障害は、騒音と雑音(ノイズ)ではないでしょうか。
良い音で気持ちよくオーディオを楽しんでいても、その音が近所に漏れてしまうとご近所にとっては騒音となってしまい、トラブ
ルの原因にもなります。
 また、ご近所に恵まれていた場合でも、外から入ってくる車やその他の雑音は、良い音に浸っている時には興覚めとなって
しまいます。
 そこで、オーディオ歴が進んで来るにつれ、部屋(オーディオルーム)にも気を遣うようになり、いつかは確り防音(遮音)され
たオーディオ専用のリスニングルームを持ちたいと思うのはマニアとしては当然の事と思います。

 マニアにとって部屋の次に気になるのは、ノイズではないでしょうか。
 アンプなどのオーディオ機器から発生するノイズは言語道断ですが、それ以外に電源(ACライン)から入ってくるノイズが、
最近改めて話題となっています。
 以前から言われていた事ですが、ACラインには高周波或はパルス性のノイズがかなり含まれております。
以前は近くに工場などが有る場合は、ノイズの影響が有ると言われておりましたが、最近は一般的な家電でもエアコンや
冷蔵庫などのインバーター制御の製品や、テレビ、パソコンなどのデジタル製品も増えており、これらから漏れ出てくるパルス
性のノイズが電源ラインに混入してしまう事が有り、以前に比べ各家庭の電源ラインも汚れていると言わざるを得ません。

 一般的なオーディオ機器は、AC電源からトランスなどを通してDC電源に変換する電源回路が入っており、人間の耳に聞こ
える範囲の周波数のノイズについては、トランスと電源回路で殆ど遮断できますので、電源ラインにノイズが混入していても
それが音となってアンプから漏れてくるような事は有りません。

  しかし昨今言われているデジタル機器から漏れてくる高周波のパルス性のノイズは、通常の電源回路では遮断できず
オーディオ機器内にも入ってしまいます。
 でも人には聞こえない高い周波数のノイズですので、高周波ノイズが直接音に影響すると言う事は有りませんが、何となく
音がざらついた感じがするとか、音に変な付属音が付いているような感じがする、というような不快な現象として生じる事か
有るようです。

 但し電源ラインのノイズは、条件によって大きく変わるようで、余り気にならないと言う方も多くいらっしゃいます。
しかし、マニアとしてオーディオ歴も進み、ハイグレードな機器で音楽を楽しむようになると、この何となくすっきりした音が出
て無い感じがする、という場合には電源ラインのノイズを疑ってみることも必要かもしれません。

 電源ラインからノイズを全て取り去る事は、現状では中々難しい事と思いますが、ノイズを少なくする方法は幾つか考えら
れます。

 一つの方法として究極なのがマイ電柱です。

 マイ電柱とは、電力会社に依頼すると、自宅の敷地内に専用の電柱とトランスを設置して貰うことが出来るそうです。
 そこでマイ電柱からの電源ラインをオーディオ専用電源とする事で、周囲からのノイズを軽減する事が出来ます。
 マイ電柱は、効果は大きいとは思いますが矢張り大袈裟ですし、またそれなりの費用も掛かります。

 そこで、そこまで大袈裟なことは出来ないけど何か方法は無いかと思われる方には、ノイズカットトランス又は絶縁トランスを
使ってみる、という方法が有ります。

 これは、AC電源の100V又は200Vに1:1(または2:1)の絶縁トランスを設置し、その出力をオーディオ機器専用電源に
するという方法です。
 ノイズカットトランスは製品として市販もされているようですが、容量の小さな物も有りますので、信頼のおける物を選んで
ください。


 ノイズカットトランスは、その使用方法に注意が必要で、必ずアース(接地)する事が条件となります。
ノイズカットトランスは、内部にノイズフィルターやシールドなどが施されており、除去したノイズ成分をアースに逃がすようにな
っています。
 従って、オーディオルーム内にアース端子が無く、折角ノイズカットトランスを設置してもアースがされていない場合は、トラ
ンスの効果は全くなくなってしまいます。

 もしもオーディオルーム内にアース端子が無い場合は、電気工事店などに依頼してアース端子を設置してからトランスを
使用するようにしてください。



   〇 ノイズカット絶縁トランス「UTT−101」


 ユニオン技研では、以上の事から度々問い合わせ等を頂いていた事も有り、この度オーディオ用アクセサリーとして、ノイズ
カット絶縁トランス「UTT−101」を開発し、受注の受付を開始いたしました。

 「UTT−101」の定格は、
   入力AC100V:出力AC100V−10A(1KW)ですが、トランスは専用に開発した大容量の絶縁トランスを採用
   大型ノイズフィルターを内蔵しノイズ成分を1/10〜1/100程度まで低減させることが可能です。
   余裕を持った大容量トランスを使用していますので、瞬間的な負荷にも十分な余裕が有りダイナミックレンジの大きな
   ノイズカット絶縁トランスです。
   1次:2次間の絶縁特性は、1KV,1分間の耐圧試験をパスしており、充分な絶縁特性を持っています。





(写真は、試作として製作した「UTT−101」ノイズカット絶縁トランスの試作品です。)
(実際の商品は、写真とは異なった形状になります。)



  ユニオン技研では、ノイズカット絶縁トランス「UTT−101」、を受注販売しております。

  価格は、標準仕様(100V−100V,10Aタイプ) 1台 ¥198,000(税込)です。
  (その他の仕様をご希望の場合はお問い合わせください。また、お申し込みの際に予約金として10万円をお振込み頂き
ご入金を確認してから製作に掛かります。)

  ご注文頂いてからの製作となりますので、完成までには3か月程度掛りますので、納入まで暫くお待ち頂くことになります。
 製作が完了しましたら本器をお送り致しますので、2週間は十分効果をお試し頂き、ご納得されましたら、残金をお振込み
下さい。
 
また、本トランスは上記解説にも有りますように、必ずしも効果があるとは限りません。
そこで、本器納入後2週間以内でしたら、無条件でご返品を受け付けます。(但し、ご返送の送料はご負担ください)
勿論、予約金としてお預かりしている分は返金致しますし、残金のお支払いは必要ありません。
 
 以上をご了解頂き、一度試してみたいと思われる方は、このページ一番下の問い合わせフォームでお問い合わせ頂くか
又は、本サイト「ステレオ&オーディオ」ページ内、下部にある資料請求から必要事項をご記入頂き(請求する資料は、
チェック頂かなくても結構です)ご質問の欄に「ノイズカットトランス」とご記入頂いて送信ボタンを押してください。

後程弊社よりご説明のメールを差し上げますので、ご検討頂ければ幸いです。



  〇 試聴記  


 先日、試作したノイズカット絶縁トランスの効果を試聴してまいりました。

 試聴に当たっては、弊社内ではなく一般のリスニングルームの方が良いと、弊社製品のユーザー様にお願い致しました。
そのユーザー様は、弊社プリアンプ「URS−100」とメインアンプ「UPA−70V」を主に使用されている方で、マッキントッシュ
も所持されていますが弊社アンプの方が音が良いと、専ら弊社アンプをご愛用しているとの事です。
スピーカーは「エクスクルーシブ S5」です。

 私はこれまで何度か、そのリスニングルームにはお邪魔したことが有り、そのシステムの音は記憶しておりました。
早速試作のトランスを接続して試聴を開始ましたが、音が鳴りだした途端それまで記憶していた音とはまるで違って聞こえて
きました。
まるで別のシステムに変更したかの印象で、何が違うのかよくよく聞いていると、中音から高音にかけてすっきりした音になっ
ている事に気が付きました。
各楽器の音にまとわり付いていたもやもやとした感じの物が取り去られ、音の輪郭がはっきり分かるようになり、楽器の定位
もしっかりした気がします。
また、特に印象的だったのはボーカルで、女性ボーカルのリアルで艶やかな声には本当に驚きました。

 私は、以前の音を記憶しているとはいえゲストですので、常日頃そのシステムを楽しんでおられるオーナー様はどのような
印象を持たれたか伺ったところ、ほぼ私と同様の印象をもたれた様で、その変化には大変驚いておられました。

 正直私は、理論的にはノイズの影響等が考えられるとは言え、実際トランスを設置してどの程度変化が有るのかは、何とも
言えないと思って居りました。
殆ど変化が無いか、また変化が有ったにせよ気のせい、と思われる程度かと思っていましたが、これほどの変化は気のせい
と言う事では無く、トランスの効果が出たものと認めざるを得ないと思います。

  当初は、試作はしてみたものの、大した効果が現れなければ商品化は難しいと思っていましたが、これほど大きな効果が
有るのであれば是非とも商品化して、少しでも多くのオーディオマニアの方に、実感して頂きたいとの思いで急遽商品化する
事に致しました。
万が一効果が見られない場合は、無条件で商品を引き取りますので、お気軽にお試し頂ければと思います。





ステレオ&オーディオ
トップページへ戻る


お問合せ等が御座いましたら、こちらのフォーム又はお電話等でお申し付けください。
有限会社ユニオン技研